津々浦々とアメリカの食品って感じからして全然違うけど何だか魅力的に映る

過去もやもやさまーずで損亡に行ったタイミング、みんなでリンゴ飴を食べていました。
米人が書いたウェブログでよく見かけるリンゴ飴ですけど、普通のお店で売ってるもんですね。日本でリンゴ飴と言えば、お祭りの定番で、お祭りだからこそ許されるアイテム、って感じですけど。
向こうのは・・・やっぱりUSA。著しいね。値段もひとつ700円くらいしてました。できれば四等分くらいに目指す受け取り。
日本のリンゴ飴はリンゴを飴でコーティングしただけだけど、向こうのは、キャラメルとかヌガーとかついて、ひいてはナッツとか色んなものがついて、がたいも乳幼児の顔付きくらいいらっしゃる。
これは名勝でとことん売られていると言ってたけど、外部で採り入れるのはヤバイでしょうね。
ただ、確かに色とりどりだし数量もあるし、食欲をそそるというか、気になる料理では起こるね。
日本では梅田におけるらしいです。一度食べてみたいね。
ハリウッドDVDで、ピーナッツクリームにM&Msを入れてそれだけをがつがつ食べて要る事態があって、僅か真似をしてみたことがあるんだけど、確かに嬉しい。けれども無理強い肥えるので、意外と疲れたタイミングしか打ち切るけど、アメリカの料理ってなんかそそるものが多いよね。http://www.bravermanmarcom.com