偉大なレトロゲーム、今のレジャーとは異なる中身が面白かったと感じる

テレビ戦い。

今ではこんなうたい文句も少なくなりました。

「戦い」はとことん聞きますが「テレビ戦い」は、今の時代殆ど聞きません。

でもわたしは昔の「テレビ戦い」が大好きです。
先ほど鮮明でもなければ、ユーザビリティが良い産物も少ないです。

容積も無論少ないですし、些か目茶目茶なダイアログも時として。

ただ、昔のレトロゲームの主役は「わたくし」でした。

今の戦いは映画を見ているのか、戦いをしているのかしばしばわからなくなります。
昔のレトロゲームはほとんどが主人公に名前を決めるものが多かったです。

大した時のない感じかもしれませんが、本当はまったく大切な要素です。

そこを敢然と構築する事で、戦いに入り込むのか?それとも戦いをやるのか?レクリェーション方法が圧倒的に変ってきます。

第三者的に戦いをプレイするのもそれはそれでうれしいです。

ただしわたしは、入り込めるはずの乏しい戦いに入りこみ、なので色んな冒険、色んな鉢合わせや離別を積み重ねて、人間的に進歩できました。

「戦いの国に入り込む」これは戦いプレイヤーの究極の理想です。

その欲望を現段階で、最もリバイバルしていたのは「家族コンピューター」「スーパーファミコン」などの戦いチャンスが輝いた時代です。

今でもWEB戦いなどは案外ほとんどが自分の分身となる持ち味を作ったりしますよね。

それこそが本当はまったくシンプルに「戦いの国に入り込む」時に重要な構成だとわたしは思います。

グラフィックがとってもキレイで、持ち味も申し述べる、その上で持ち味にも自分の特徴を形成できるようなエディット用途が今後の戦いアウトラインに広がってほしいです。人気のパナマハット