さし歯が取れて仕舞う因子と今後の治療方法について

さし歯をしているのですが、何度も何度もなくなるので毎度、歯医者につけてもらっています。後日取れたら、入れ歯かブリッジにした方がよいと言われました。
さし歯ができるのにいくつか原因があるそうです。
ひとたび、さし歯をするための基本がしっかりしているかどうかです。
さし歯の基本は、歯根の2/3程度の長さが必要なようです。ここで在る歯根が少ない場合に、さし歯が取れやすくなるそうです。
さほどの原因は、歯ぎしりです。
歯ぎしりには、いくつかスタイルがあり、噛みしめやぎりぎり歯をすったり、強靭と歯を噛んだりなどのスタイルがあるそうです。ほとんどの方は、噛みしめをします。
寝ているステージだけでなく、昼も本人の自覚のないところで、噛みしめや歯をくいしばったりすることによって、さし歯のシールが緩んでしまい、それで取れやすくなります。
また、シールが取り去れるだけでなく、歯根に心からでかい感情の負荷がかかり、歯根が割れてしまうことも居残るそうで、上記のように、歯根は、さし歯の土台となるので、その歯根が割れてしまうと、さし歯も取れてしまう。
今日、僕は、何度も何度もとれてしまった原因は、歯根が割れていることでした。寝ているところ歯ぎしりを通じていたせいかと思います。
歯根が割れているので、とうに歯を抜歯講じるしか無く、今後はブリッジかインプラントの加療になります。
ブリッジもインプラントも別個良し悪しがあるみたいなので、いくつか歯医者をまわって、今後の加療を通じていくつもりです。ビューティーボタニカルに効果はあるのか